ごあいさつ


 医学がめざましい進歩を遂げていると言われているにもかかわらず、日本のガン死亡者は年間30万人を超えさらに増え続けている状況、糖尿病は4人に1人と言われ、高血圧症、高脂血症などの生活習慣病も、増加の一途をたどっています。

 弊社は、病気に苦しむ人々、健康に不安を感じている人々、食の安全安心を願う人々に対して、一人でも多くの方に、衣食住環境の改善に関する情報を提供し、本当の 健康を得て、生涯元気で長生きして頂くことを理念に、真の健康が得られる最高最良の健康商品をご紹介させて頂いております。

 まだまだアイテムは少ないですが、真の健康を維持するためのハイレベル・サプリメントなど、本当の本物だけを扱っておりますので、ご安心してお買いお求めください。

 私の病気を通して、この会社を設立しました。

 私は20年前より糖尿病に罹ってしまっていました。平成7年あたりから、だんだんと体重が減ってきて、顔も生気がなくなり、肌もカサついてきて、手の甲の静脈がこんもりと浮き出るようにまでなりました。その時になってこれは糖尿病が悪化してきたなと気付いたのです。
と申しますのは、母がやはり糖尿病に罹り60歳で亡くなりましたので、その怖さを知っていたからです。

 病院で診察を受けたところ、空腹時血糖値370、HbA1cは13にまでなっていました。
薬を限界までもらい、食事も一日1700キロカロリーに制限して、運動療法も試みてみましたが、それでも空腹時血糖値300台をなかなか切ることはありませんでした。

 どんな病気もそうですが、とくに糖尿病はこれといった痛みがないだけに、本人が自覚して治療しないとなかなか良くならないのですね。

 自分も罹ってみて、糖尿病はなかなか気付かない、気付いても耐えられないほどの痛みもないし、まだまだ動けると病院に行かない、ようやく病院に掛かっても厳しいカロリー制限での生活はなかなか難しい、またそのような生活に変えようと思っても周りからは理解されない、むしろ、なまけ病だ、ぜいたく病だと、偏見の目で見られ誤解されてしまう、とても厄介な病気だと実感し、本当に納得できる実行可能な改善方法はないものかと、折に触れ調べていました。

 そして、ホリスティック医学というものがあることを知り、生活習慣病予防指導士という資格を取得したところ、西洋医療の矛盾点が見えてきました。
そのような頃、鶴見隆史先生との出会いがあり、懇意にさせて頂くようになったのです。
先生は、30年以上に亘って、薬を一切使わず、がんや難病までも治癒に導いています。
(現在は、鶴見隆史先生を理事長とする「医療法人森愛会」の支援団体「森愛クラブ」のお手伝いさせて頂いております。)

 現在では薬に頼らず、鶴見先生から教えて頂いている食養生と、酵素サプリメントなどを用いた結果、生活に支障を来たすことなく元気に暮らしています。そして何よりもサラサラ血になり血液循環が良くなったことで、網膜症や腎障害、動脈硬化などの様々な合併症を抑えることができるのではないかと期待しています。
現在、HbA1cは6台後半で落ち着いており、他の数値は全て正常です。

 糖尿病になってみて分かったことは、ただ食事のカロリー制限や薬の服用などで血糖値を下げるだけでは決して改善はしないということです。
血糖値を下げても、中性脂肪ゃ悪玉コレステロール、高血圧などを正常化しなければ、やがて合併症を患い悪化してしまいます。
食生活を質の面からトータルに見直し、精神的にも過剰なストレスを減らしプラス思考で暮らしていくこと、そして高力価のサプリメントを活用していくことが、ただ病気を抑えるだけではなく、健康的で明るい生活を営めるようになっていくのではないでしょうか。


 家内も膠原病に


 また家内は平成15年に、国の難病指定になっている膠原病(全身性エリテマトーデス)を発病しました。
しかし処方されたステロイド剤は1週間で使用を止め、酵素栄養学に基づいた様々な方法を用いて、現在は検査数値も正常値を示し、すっかり元気になっています。


 このように、私たちは病気になったら病院にすべてを預けるのではなく、自らが調べる努力をして、真の改善方法を知っていかなければなりません。
お金は失ってもまた貯めることはできますが、一度失った健康はなかなか取り戻すことができないのですから。

 弊社は、私が体験して得た、また鶴見隆史先生から教えて頂いている、あまり知られていない、病気にならない生活習慣や、病気を治すための情報と、厳選された最高最良の健康補助商品を皆様にご提供させて頂いております。
どうか弊社商品をご愛用頂き、健康で明るい生活を営み、ご家族ともども(ペットも)PPK(ピンピンコロリ)の天寿を全うされることを願っております。


  
 
有限会社フリージュ 代表取締役 為谷茂樹

 プロフィール

1947年、東京都生まれ。
都立田園調布高校卒業後、兄の経営する塗装店に勤務。
昭和58年、独立開業。平成2年、有限会社イー・シー・コーティング設立、同代表取締役。
平成22年、有限会社フリージュに商号変更、健康維持のための商品販売を始める。
以前より生命科学はまだ未開拓分野であり、西洋医療には限界があるのではないかと疑問を抱いていたが、平成15年、身体を丸ごと診るホリスティック医学に出会い学ぶ。
平成18年、NPO法人日本ホリスティック医学協会認定、生活習慣病予防指導士の資格を取得、健康指導を始める。
平成19年頃より、日本における酵素栄養学の第一人者、鶴見クリニック・鶴見隆史院長と懇意にさせて頂くようになり、鶴見先生を理事長とする「医療法人森愛会」の支援団体「森愛クラブ」のお手伝いを発足よりさせて頂く
NPO法人鶴見酵素栄養学協会認定、酵素栄養学指導士(第1期)
会員向け月刊誌「玉響」連載中。
ショッピング

 
 

写 真 館