アニマル酵母


 「アニマル酵母]はここが違います。

一般に酵母サプリメントと呼ばれるものは、安価にできるため、パン酵母かビール酵母を用いている場合がほとんどです。

「アニマル酵母」は清酒酵母が主体です。
パン酵母やビール酵母よりはるかに酵素の力が違います。

パン酵母(イースト菌)は小麦粉を発酵させてパンにします。
またビール酵母はビールを作りますが、アルコール度数は高くても10度くらいです。
しかし清酒酵母で作られたお酒は、原酒で19度にまでなります。
ですからそれだけ発酵の力が強いといえます。

しかも決定的な違いは、市販されているビール酵母はビールの搾り粕から取っており、 当然加熱され酵母は死滅しています。
したがって発酵する力はまったくありません。

また生きたまま腸まで届く酵母サプリメントもありますが、ただ届くだけではなく、腸で活発に働かなければ意味がありません。
清酒酵母は比較的低温(6〜15度)でも発酵する特質があります。

アニマル酵母は、100g当たり1兆個以上の清酒酵母が腸まで生きて届き、善玉菌を増やし、体に必要なたくさんの酵素を生み出します。
 (ウンチにも酵母が検出されるくらいです。)


・ 酒蔵に付いている生きた酵母が主成分
  (生酵母数100g当たり1兆個以上)

・ 無農薬有機栽培大麦若葉と、無農薬有機栽培緑茶を使用

・ 化学合成食品添加物や化学調味料、増量剤など一切不使用

・ 保存料なしでも、酵母が生きているため、賞味期間は3年

・ 腸の中で酵母が糖質を食べて分解


※動物病院やこだわりのペットショップでお取り扱い頂いています。

皆さんは、ワンちゃん・ネコちゃんに、ドライフードや缶詰などのペットフードをあげていませんか?
ペットフードは栄養的には完璧なのですが、大切なものが欠けています。
それは健康維持のために不可欠な「酵素」が全く含まれていません。
酵素は48℃で死滅するため、加熱殺菌しなければならないペットフードには入れることができないからです。

「アニマル酵母」は、酵母が生きたまま腸まで届いて、腸の中の善玉菌を増やします。
そしてたくさんの酵素を生み出します。
したがって腸内環境が良くなり、消化・吸収が促進され、ウンチの出が良くなることで、体内毒素が発生しにくくなります。

酵母で腸内環境を整え、酵素で消化・吸収と代謝を高めていけば、免疫力も上がり、最適な健康維持対策になります。

      

「アニマル酵母」で、大切なペットを元気に長生きさせましょう。

なぜ「酵母」なの?


弊社は今、酵素栄養学の第一人者、鶴見クリニック院長鶴見隆史先生から、病気にならない食生活、また病気になった時に副作用を伴わない食養生法をご指導頂いております。

食事から酵素を有効に摂って腸内環境を良くすれば、血がきれいになり、細胞が浄化され、結果元気で長生きの暮らしができることになります。

このことは当然人間だけではなくペットに対しても言えるんですね。
しかもペットは食事を選べません。
皆さん次第なのです。

たぶん皆さんのワンちゃん、ネコちゃんは、先天的に病気になりやすい純血種ではないかと思います。
しかも室内で飼われていて、日中外に出る機会が少ないため、日光からの大切な栄養素ビタミンDを摂ることができません。
当然運動不足にもなっていると思います。
だからといって散歩に出しても、日光を浴びない夜ではそれほど意味がないのです。

そのような飼い方では、いずれメタボになって生活習慣病を引き起こしかねません。
つまり皆さんはかわいいペットに、かなり健康が損なわれやすい生活をさせていることになります。
しかもペットフードオンリーの食生活では、歳を取るにつれ病気がちになっていきます。
それは何故かと言いますと、栄養的には完璧でも肝心の酵素が全く含まれていないからなのです。

動物は酵素がなければ生きていくことができません。
消化、代謝活動、全て酵素の働きによるものです。
消化できなければ栄養失調になりますし、代謝がなければ瞬き一つできません。

しかも、もともと体内に持っている酵素の量は決まっており、酵素の補充がなければ消費されて減っていくだけで、修復機能が衰え、老化も早まります。
もうこれ以上出せないとなったところが、寿命になる訳ですね。

こういうことを言う獣医さんは殆どいません。
ですからかわいいワンちゃん、ネコちゃんを元気で長生きさせるには、できるだけ酵素を多く含んだ食べ物をあげて、病気にならないようにしてあげることが大切なのです。

このことを知って、何とかしようと考えた方が飼っているペットはラッキーですね。

ネコは肉食と言うけれど


イヌは雑食性ですが、ネコはライオンやトラと同じネコ科で、肉食動物とされます。
ですから野菜類や穀物類は必要ではなく、肉だけでOKと言う獣医さんもいらっしゃるくらいです。
でも、はたしてそうでしょうか。

ライオンやトラが食べる動物は、シカやシマウマなどの草食動物で肉食動物ではありません。
しかも当然ながら生で、煮たり焼いたり乾燥させたりはしません。
そして食べる時は必ずお腹の腸から食べます。
つまり肉食といえども、間接的に、腸の中で半醗酵した草や果物を食べているのです。
つまり酵素ですね。

ですからネコにも、酵素はなくてはならないものなのです。

このことは良く考えれば思いつくことなのですが、世間一般に語られていないのはなぜなのでしょうか。
それは酵素栄養学という学問が、まだまだ日本に根付いていないからなのです。
当然大学でも講義はなく、獣医さんも学んでいません。


酵素という視点から、いろいろなことが見えてきます。

なぜコストのかかる素材を使用するの?


「アニマル酵母」は、オーストラリア産の無農薬有機栽培大麦若葉と、国内産の無農薬有機栽培緑茶を使用しています。


なぜペットのために、わざわざコストのかかる素材を使用するのかと申しますと、ワンちゃん、ネコちゃんは人間の数千倍の嗅覚を持っているため、少しでも変な臭いや味がすると一切見向きをしなくなるからです。
しかも今まで食べていたものをも口にしなくなってしまうこともあります。
ですから価格は多少高くなっても、安心安全な素材が必要なのです。

この「アニマル酵母」は、獣医師による1か月間の食餌試験の結果、問題なく食べることが確かめられています。
               アニマル酵母食餌試験
                画像をクリックすると大きくなります。
                


化学合成食品添加物や化学調味料、増量剤を一切使用していません


またサプリメントであれば、化学添加物不使用がベストです。
ワンちゃん、ネコちゃんは、身体が小さい分、有毒物の影響が受けやすくなるので無視できません。
この「アニマル酵母」は、化学成分完全無添加のサプリメントです。
保存料なしで大丈夫?と思われるでしょうが、主成分の酵母が生きているためと、緑茶に含まれるカテキンの抗酸化作用で、化学合成保存料を使用しなくても製品が安定しています。

(賞味期間3年)

安心して、大切なワンちゃん、ネコちゃんにあげてください。


原 材 料
複合酵母
(清酒酵母とパン酵母の複合)
「アニマル酵母」は 老舗澤田酒造 の技術によって作り出した伝統の清酒天然酵母とパン酵母を生きたまま顆粒状にしたものです。
植物醗酵エキス 野菜・果物・海藻・野草・ 豆類・穀物など107種類もの植物原材料を約2年かけて醗酵させ、抽出したエキスを加熱せず 酵素が生きたままの状態でパウダー化したものです。
大麦若葉 オーストラリア産の無農薬有機大麦若葉
緑茶 国内産の無農薬有機緑茶
未焼成カルシウム ホタテ貝由来の天然カルシウム

あげ方・・・・


食べる時、ペットフードに振りかけるだけです。
食品ですので特別な決まりはありませんが、大型犬には1日1包、中型犬には半分、小型犬やネコちゃんには1/3くらいを、体重や体調に合わせ増減して下さい。
もちろん、多くあげても問題ありません。

アニマル酵母に使われている青汁(山本の青汁)について


アニマル酵母に含有されている山本の青汁の原料は、無農薬有機栽培された大麦若葉 (オーストラリア産)と無農薬有機栽培された緑茶(国内産)の青汁です。
酵素栄養学の第一人者である鶴見クリニック院長・鶴見隆史先生に、含有されている青汁を下記の書籍にて推薦して頂いております。

酵素で腸年齢が若くなる!(鶴見クリニック鶴見隆史院長著書)より抜粋
鶴見院長著書 野菜不足を補う方法としては、市販の青汁などを活用するのもいいでしょう。
特に「山本の青汁」は活性酵素がたっぷりで、繊維やファイトケミカルも多く、 ビタミンCやミネラルも豊富に含まれています。
最高レベルの酵素と繊維のある青汁といっても、過言ではありません。
また活性酸素を中和するSODの活性も高いので、ガンなどの病気の予防に役立ちます。

植物醗酵エキスの原材料
野菜類 ダイコン・ニンジン・カブ・ゴボウ・ハクサイ・キャベツ・ホウレンソウ・カボチャ・キュウリ・ニンニク・ジャガイモ・サツマイモ 他
果実類 ミカン・レモン・ウメ・ビワ・プルーン・カキ・パパイヤ・マンゴー 他
海藻類 コンブ・ワカメ・ヒジキ・アオノリ・モズク・アオサ・アカサ 他
山菜類 シイタケ・マイタケ・シメジ・レイシ・アシタバ・オオバコ・カンゾウ・ドクダミ 他
穀 類 玄米・大麦・ハト麦・アワ・キビ・ヒエ 他

アニマル酵母に含まれる有効成分 (100g当り)  社内分析数値
ビタミン類 ミネラル類
ビタミンC  5mg カリウム 1260mg
ビタミンB1  2mg カルシウム  640mg
ビタミンB2 2.5mg マグネシウム   55r
ビタミンB3 2.3mg   5mg
ビタミンB5 26mg 亜 鉛   3mg
ビタミンB6 0.6mg
ビタミンE  2mg
  

 動物病院様向け
 商品説明(youtube)


   
 鶴見クリニック院長鶴見隆史著

 「酵素で腸年齢が若くなる!」

 ペットが人間と同じ病気に
 かかるようになった


  
ディッキー・フュラー博士著
 「酵素の治癒力」
 ペットにも重要な酵素


 

 キャラクターデザイン
 植田まさし


 
 1包2.5g×15包入
 3,240円(税込)

 お買い求めはこちらから
 


 お客様の声

 岩手県岩手郡 S動物病院様
 大きな「直腸憩室」ができたミニチュアダックスがいて、2日分位の便が直腸に溜まり、出せないため苦しがっていました。
すぐに手術で周囲の組織を縫い合わせました。
便通がやはり大事なので、再発防止もかねて、アニマル酵母を使っています。
経過が非常に良く、犬の毛並み、毛の艶が良くなり、見た目も若く見えます。
皮膚、筋肉の感触も、ぶよっとした室内で肥満気味になった犬独特の手触りがなくなりました。
とにかく、全身の状態そのものが違ってきました。飼い主さんも、もちろん大喜びです。

 皮膚やお腹の調子の改善には大変良いです。
良い腸内環境を保つことが、どれほど重要なことか、私もいらっしゃる飼い主さんたちと共に理解が進んだような気がします。

 宮城県 Y動物病院様
 手術した後に、食べさせています。
とても経過が良好です。

 兵庫県淡路市 Y.Y様
 食欲のなくなっていた犬に少し食欲が出て、元気が出てきました。

 栃木県那須塩原市 K.M様
 「アニマル酵母」を家の犬に食べさせています。 
気管支が細く、苫しい咳をしていましたが、だいぶ楽になってきました。
また、知り合いの犬も食べさせていて、炎症を起こしていた部分がよくなってきてます。
とても喜ばれています。

 東京都小金井市 M.T様
 「アニマル酵母」を13歳になる雄犬に与えてみたところ、立ち上がるのもやっとだったのに、とてもスムーズになり、散歩の時も足どりが軽やかになりました。

 神奈川県藤沢市 N・I様
 いつもありがとうございます。
我が家の犬は、関節炎のため、右後ろ足をケンケンして歩いていましたが、「アニマル酵母」を1日1包与えたところ、今ではグングン、リードを引っぱり、元気に歩けるようになりました。
痛みをやわらげるサプリメントは前から与えていましたが、この酵母により、たぶん痛み緩和のサプリメントが吸収されやすくなったので、痛みがなくなったのではないでしょうか。
うんちも沢山でます。

 大阪府大阪市 H.O様
 寒くなって参りましたが、お蔭様でとても元気にしております。
ウチのワンちゃんも「アニマル酵母」のお蔭で病気知らずです。

 東京都国分寺市 Y.I様
 「アニマル酵母」を家の犬に食べさせました。
14歳くらいで、具合が悪かったのですが、とても元気になりました。
ありがとうございます。

 福井県大飯郡 K.M様
 おかげ様で、ウチの老猫の口内炎が減少してきました。
まだ痛そうですが、もう歳なので、少しでも楽になればと思っています。

 東京都武蔵野市 Y.M様
 ウチのネコに[アニマル酵母Jを食べさせています。
おかげ様で吐く回数がすごく減りました。

 福島県郡山市 T・U様
 驚いたのは、我が家の13才の犬(の食事)に毎日「アニマル酵母]を入れて様子を見ていましたら、明らかに元気が出てきたのです。
今までは寒いので、食べるか寝ているかの生活でしたが、最近は必ずボール遊びをせがむようになりました。
毛づやもよくなりました。


 

つまりコップを腸とすれば、腸に入った食べ物の糖分が分解されますので、カロリーコントロールができ、食後血糖値の上昇が抑えられることになります。

また酵母が生きたまま腸まで届きますので、腸の中の善玉菌を増やします。

したがって腸内環境が良くなり、消化・吸収が促進され、お通じが良くなることで、体内毒素が発生しにくくなります。

名   称 : 犬用・猫用    
目   的 : ペット用サプリメント
原材料名 : 複合酵母、    
         大麦若葉末    
         植物醗酵エキス末 
         緑茶末、      
         未焼成カルシウム 
原 産 国  : 日本        
内 容 量  : 2.5g(1包)   
賞味期限 : 枠外別途記載  
生酵母数 : 1兆個以上    
         (100g中)    
高温多湿および直射日光を避けて、 涼しいところに保管して下さい。