ペットが人間と同じ病気にかかるようになった

   
酵素で腸年齢が若くなる!(鶴見クリニック鶴見隆史院長著書)より抜粋

第2章 腸の若さと体の健康は、「酵素」がつくる!

     ペットが人間と同じ病気にかかるようになった


                鶴見院長著書

 今や日本は空前のペットブームを迎えています。
少子高齢化社会の影響か、自分の子どもや孫代わりに犬やネコをかわいがる方が、非常に増えているようです。
 家族の一員としてペットを大事にするのはいいのですが、犬やネコに人間と同じ食事を与えている人も多いようで、これはちょっと考えものです。

 最近の犬やネコはガンをはじめ、アトピーや腎不全、心臓病など、人間と同じ病気にかかるようになってきました。
このことと、ペットの食生活は無縁ではありません。
 野生の動物で、ガンやアトピーになるものはいません。
彼らは死ぬときは、自然に死ぬか、食物連鎖の中で食べられて死ぬかのどちらかです。
 野生の動物は「生食」が基本です。草食動物ならイキイキとした草や木の葉、皮などを、肉食動物も生の肉を食べています。
 つまり彼らが食べているものはすべて、生きた酵素がたっぷりの
「酵素食」なのです。
そのおかげで、彼らは人間が悩んでいるような病気には、かからないのです。
 同じ動物でも、犬やネコなどのペットとして飼われている動物や、ウシやブタ、ウマなどの家畜たちは、人間と同しように
「加熱食」を食べます。
そのために、人間かかかるような病気になってしまうのです。

 私の飼っていた犬は2005年3月に18歳という長寿を全うして、老衰で亡くなりました。
飼い主の手をわずらわすことなく、病気らしい病気もせず、最後の4週間だけ犬用のおむつを使いましたが、自然に、ロウソクの火が消えるように息をひきとりました。
 我が家の犬がこのように自然に命を終えることができたのは、食べさせていたものがよかったからだからと、私は確信しています。
 雑穀のご飯、野菜と鶏肉を煮たもの、フルーツなどを主に食べさせていました。
中でも野菜と鶏肉の煮ものは多めに与え、犬猫用酵素と胃の酵素をふりかけていました。
 これだけ長く生きられたのは、酵素たっぷりの食事のおかけでしょう。
もっとも子犬の頃は、変なものもいろいろ食べさせていたので、もっと若いうちから食事を考えてあげていれば、さらに長生きできたかもしれません。
しかし人間の年齢で数えると、約105歳、立派な大往生だったと思います。

 最近は、犬やネコに必要な栄養バランスを考えたドッグフードやキャットフードが売られています。
ただしこれらのペットフードも、野生の動物たちが食べているものに比べると、酵素が不足しています。
あなたのペットを長生きさせたければ、良質なペットフードを選んで与え、人間の食事は与えないようにしましょう。
さらに良質の酵素サプリを加えれば、鬼に金棒です。

 ここで膵臓ガンが治った犬の話をひとつ紹介します。
Aさんが飼っている中型のメス犬・12歳のペコは、下痢がひどく下血も伴ったため、動物病院で診察を受けました。
CT、エコー、採血などの検査をしたところ、なんと8センチものガンが膵臓にあり、手術不可能と診断されました。
アミラーゼは測定不能の高い値で、肝機能も悪く、1ヵ月ももたないだろうといわれました。
つまり見放されてしまったのです。
 Aさんは私の元へ、泣きついてきました。
私は治療計画を立て、それをAさんに実行していただくことにしました。
犬の場合、飼い主の指示通りやるため、むしろ人問より食事療法はやりやすいのです。
 私か出した指示は、
@ファスティング A良質のサプリメント Bファスティング後の良質の食事メニューの3つでした。
まずは8日間、ファスティングをさせました。
与えるのは栄養がつき免疫力を上げる良質のサプリメントと、酵素サプリメントと水のみです。
ペコはサプリメントがおいしいのかポリポリ食べ、水もペチャペチヤ飲みました。
 するとペコの便は、下血→下痢→軟便→黒褐色の便→普通の便(まったく臭くなく、形も良く、拭いてもつかないような便)と次第に改善されていきました。
しかも量はすさまじく、Aさんは「食べなくて、なぜこんなに出るの!」と大変驚きました。
 8日間のファスティングの後は、無農薬の野菜と、おから、少量の鶏肉を煮た後冷やしたもの(犬猫用と人間用の酵素をたっぷりふりかけたもの)を100グラムのみ、1日1回与えることを3週間続けさせ、その後200〜250グラムに量を増やし、3ヵ月続けました。
 するとペコはどんどん元気になり、散歩はスタスタ、便は相変わらず臭くないものがたっぷり。
食事は足りなくて、おねだりするほどになりました。
 そして3ヵ月経って検査したら、ほとんどすべての数値が正常近くになっていたのです。

ガンは8センチだったのが、なんと2センチに縮小。
アミラーゼは測定不能から正常植に。
肝機能、その他の血液検査もすべて正常。
2倍も高かったコレステロール値も、すっかり下がりました。
体脂肪率も正常範囲になりました。


 要は、かわいいからとドックフードを与えすぎて肥満化していた犬が、適正体重に戻ったわけです。
さらにガンの改善にも効果が見られたのですから、獣医師の驚きはすさまじいものだったそうです。


 
人間だけでなく犬のガンも、ファスティング+良質なサプリメント+酵素たっぷりの食生活で改善する可能性があるのです。






キャラクターデザイン
植田まさし






つまりコップを腸とすれば、腸に入った食べ物の糖分が分解されますので、カロリーコントロールができ、食後血糖値の上昇が抑えられることになります。

また酵母が生きたまま腸まで届きますので、腸の中の善玉菌を増やします。

したがって腸内環境が良くなり、消化・吸収が促進され、お通じが良くなることで、体内毒素が発生しにくくなります。

名   称 : 犬用・猫用
目   的 : ペット用サプリメント
原材料名 : 複合酵母、
         大麦若葉末
         植物醗酵エキス末
         緑茶末、
         未焼成カルシウム
原 産 国  : 日本
内 容 量  : 7.5g(2.5g×3包)
賞味期限 : 枠外別途記載
保存方法 : 
高温多湿および直射日光を避けて、 涼しいところに保管して下さい。


 お買い求めはこちらから